FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演会「地域のソーシャルワーク実践の現場から」を開催します。

イベント
09 /17 2017
反貧困ネットワーク埼玉では、9月27日(水)に定例会を行うとともに、社会福祉士でNPO法人サマリアの理事長の黒田和代さんをお呼びし講演会「地域のソーシャルワーク実践の現場からーNPO法人サマリア、フードバンクネット西埼玉の実践」を開催します。

埼玉9月イベント

ソーシャルワーク専門職は、人間の福利の増進を 目指して、社会の変革を進め、人間関係における問題解決を図り、人々の エンパワメントと解放を促していく。

これは、IFSW(国際ソーシャルワーカー連盟)によるソーシャルワークの定義です。

現在、日本では相対的貧困率は15%を超え、生活保護水準以下で暮らす人は3000万人近くに及ぶとも言われています。また、生活保護行政における違法行為が数多く報告されるなど、生活困窮者への人権侵害も激しくなっています。

この情勢において、冒頭にあるような「ソーシャルワーク」の重要性は増しているように思えます。

今回の講演では、NPO法人サマリアの理事として長年、生活支援活動やシェルター事業、生活相談活動に携わり、近年は地域連携による市民のフードバンク活動の実施にも尽力されてる、黒田和代さんをお呼びして、地域のソーシャルワーク実践の現場から見える課題などについてお話しいただきます。


◯日時:9/27(水)18:30~

◯場所:埼玉総合法律事務所 3階大会議室
アクセス→埼玉総合法律事務所サイト

事前予約不要・参加費無料です。

◯講師プロフィール
黒田和代さん(NPO法人サマリア理事長、社会福祉士、精神保健福祉士)
所沢市を拠点に、生活困窮者の生活相談や、シャルター事業を通じた住宅支援などを行うNPO法人サマリアを2009年に立ち上げ、事務局兼理事長を務める。
また、2015年からは埼玉県西部地域で、食料支援事業を始め、フードバンクネット西埼玉でも理事を務める。

なお、イベント当日は講演会のあとに同じ会場で、反貧困ネットワーク埼玉の9月定例会を開催いたします。
当団体での活動に興味ある方はこちらも参加することは可能ですのでご検討ください。

◯反貧困ネットワーク埼玉とは
 反貧困ネットワーク埼玉は、埼玉県内で生活や労働、多重債務・消費者被害など様々な場面で相談を行っている支援者たちが作った個人加盟の任意団体です。代表は社会福祉士で『下流老人』(朝日新書)『貧困世代』(講談社)などの著作があるNPO 法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典。

当団体、あるいはこのイベントについてのお問い合わせは、こちらのメールアドレスへどうぞ。
antipovertynet.saitama[アット]gmail.com
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

反貧困ネットワーク埼玉

反貧困ネットワーク埼玉は、埼玉県内で生活や労働、多重債務・消費者被害など様々な場面で相談を行っている支援者たちが作った個人加盟の任意団体です。代表は社会福祉士でNPO法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。