FC2ブログ

2018年4月18日(水)夜回り活動のご案内

夜回り活動
03 /28 2018
反貧困ネットワーク埼玉では、4月18日(水)に、JR川口駅周辺で夜回り活動を行います。

夜回り活動は、厳しい野宿生活を送られている方々にお声掛けなどをし、ご希望の方に対しては生活保護申請やアパート入居などのサポートを行う活動です。集合日時・場所は下記のとおりです。

◆日時 2018年4月18日(水)22時
◆場所 JR「川口駅」改札口

夜回り時間は1時間程度(中抜けも可能)です。
初めての方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にご参加ください!
数名でチームで回りますので、慣れていなくても問題ありません。

今後の夜回り予定
◆5月16日(水)22時
◆6月14日(木)22時
◆7月17日(火)22時
(万が一変更の場合はお知らせいたします。)

◯反貧困ネットワーク埼玉とは
 反貧困ネットワーク埼玉は、埼玉県内で生活や労働、多重債務・消費者被害など様々な場面で相談を行っている支援者たちが作った個人加盟の任意団体です。代表は社会福祉士で『下流老人』(朝日新書)『貧困世代』(講談社)などの著作があるNPO 法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典。
スポンサーサイト

4/25(水)講演会「もやいの活動を通して見た日本の貧困」

イベント
03 /23 2018
反貧困ネットワーク埼玉では、4月25日(水)に月一度の定例会を行うとともに、自立生活サポートセンター・もやい事務局長の加藤歩さんをお招きして、講演会「もやいの活動を通して見た日本の貧困」を開催します。

お誘い合わせの上、ぜひご参加ください!
180425加藤歩さん講演会画像

〇日時:4/25日(水)18:30~
〇場所:埼玉総合法律事務所 3階大会議室
JR「浦和駅」西口より徒歩約10分
アクセス→埼玉総合法律事務所サイト
事前予約不要・参加費無料です。

〇講師プロフィール
加藤 歩(かとう あゆみ)さん
自立生活サポートセンター・もやい事務局長
1974 年東京生まれ。早稲田大学第一文学部史学科卒業後、出版社にて書籍編集に携わる。1999年~2001年には、バックパックを担いでユーラシア大陸とアフリカ大陸を放浪。2005年、マンチェスター・メトロポリタン大学大学院にて移民に関する研究で社会学修士取得。帰国後も編集の仕事をしながら、社会福祉士養成課程に在籍。2011年社会福祉士登録。2010年より〈もやい〉に関わり始め、2014年より生活相談コーディネーター、2016年より事務局長。

なお、イベント当日は講演会のあとに同じ会場で反貧困ネットワーク埼玉の4月定例会を開催いたします。
当団体での活動に興味ある方はこちらも参加することは可能ですのでご検討くださいませ。

〇反貧困ネットワーク埼玉とは
反貧困ネットワーク埼玉は、埼玉県内で生活や労働、多重債務・消費者被害など様々な場面で相談を行っている支援者たちが作った個人加盟の任意団体です。代表は社会福祉士で『下流老人』(朝日新書)『貧困世代』(講談社)などの著作があるNPO 法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典。

3/23(金)講演会「いま、本当に求められる 「無償化」政策を考える ―「義務教育の無償性」をめぐる法的問題―」

イベント
03 /08 2018
反貧困ネットワーク埼玉では、3月23日(金)に月一度の定例会を行うとともに、埼玉大学教育学部准教授の高橋哲さんをお招きして講演会「いま、本当に求められる 「無償化」政策を考える ―「義務教育の無償性」をめぐる法的問題―」を開催します。

お誘い合わせの上、ぜひお気軽にお越しください!
180323高橋哲さん講演会画像

〇日時:3/23日(金)18:30~
〇場所:埼玉総合法律事務所 3階大会議室
JR「浦和駅」西口より徒歩約10分
アクセス→埼玉総合法律事務所サイト
事前予約不要・参加費無料です。

〇講師プロフィール
高橋哲さん
埼玉大学教育学部准教授:博士(教育学)
現在、主に日本とアメリカの教育法に関する比較研究をおこなっている。著書に、『現代米国の教員団体と教育労働法制改革―公立学校教員の労働基本権と専門職性をめぐる相克―』(風間書房、2011)、『公教育の無償性を実現する―教育財政法の再構築―』(共著、大月書店、2012年)など。

なお、イベント当日は講演会のあとに同じ会場で反貧困ネットワーク埼玉の3月定例会を開催いたします。
当団体での活動に興味ある方はこちらも参加することは可能ですのでご検討くださいませ。

〇反貧困ネットワーク埼玉とは
 反貧困ネットワーク埼玉は、埼玉県内で生活や労働、多重債務・消費者被害など様々な場面で相談を行っている支援者たちが作った個人加盟の任意団体です。代表は社会福祉士で『下流老人』(朝日新書)『貧困世代』(講談社)などの著作があるNPO 法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典。

2018年3月14日(水)夜回り活動のご案内

夜回り活動
03 /02 2018
反貧困ネットワーク埼玉では、3月14日(水)に、JR川口駅周辺で夜回り活動を行います。

夜回り活動は、厳しい野宿生活を送られている方々にお声掛けなどをし、ご希望の方に対しては生活保護申請やアパート入居などのサポートを行う活動です。集合日時・場所は下記のとおりです。

◆日時 2018年3月14日(水)22時
◆場所 JR「川口駅」改札口

夜回り時間は1時間程度(中抜けも可能)です。
初めての方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にご参加ください!
数名でチームで回りますので、慣れていなくても問題ありません。

今後の夜回り予定
未定
(今後も月に1回の活動を継続します。日程が決まり次第、お知らせいたします。)

◯反貧困ネットワーク埼玉とは
 反貧困ネットワーク埼玉は、埼玉県内で生活や労働、多重債務・消費者被害など様々な場面で相談を行っている支援者たちが作った個人加盟の任意団体です。代表は社会福祉士で『下流老人』(朝日新書)『貧困世代』(講談社)などの著作があるNPO 法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典。

反貧困ネットワーク埼玉

反貧困ネットワーク埼玉は、埼玉県内で生活や労働、多重債務・消費者被害など様々な場面で相談を行っている支援者たちが作った個人加盟の任意団体です。代表は社会福祉士でNPO法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。