FC2ブログ

さいたま市長への要望案を募集します!

行政への申し入れ
07 /03 2017
 反貧困ネットワーク埼玉では、今年5月の市長選で3選を果たされた、清水勇人さいたま市長へ福祉や雇用の分野に関する要望書を来月を目処に提出する予定です。

要望書を通じて、私たちの普段の活動から見えている行政の課題などの改善に生かすことができればと考えております。

以前にも反貧困ネットワーク埼玉では、市長選の際に貧困ビジネス対策など、福祉関係のの要望書を送りましたが、今回は、広く市民の方からも要望案をいただければと思います。

「生活保護をもっと使いやすくしてほしい」「税金の悪辣な取り立てをやめてほしい」などなんでも結構です。選挙以外で、行政に市民を声を届ける貴重な機会となりますので、みなさまの福祉・労働に関する率直な要望をお寄せください。

要望書は8月頭の提出を予定しており、募集期限はひとまず7月17日までとさせていただきます。

募集方法としては、
①以下のグーグルフォームからの投稿
さいたま市長への要望(反貧困ネットワーク埼玉)



②反貧困ネットワーク埼玉のメールアドレスへの投稿
antipovertynet.saitama[アットマーク]gmail.com

そのほか、本ブログのコメント欄、twitter、Facebookのコメント欄などに書き込んでいただいても結構です。みなさまのご協力をお待ちしております。

◯反貧困ネットワーク埼玉とは
 反貧困ネットワーク埼玉は、埼玉県内で生活や労働、多重債務・消費者被害など様々な場面で相談を行っている支援者たちが作った個人加盟の任意団体です。代表は社会福祉士で『下流老人』(朝日新書)『貧困世代』(講談社)などの著作があるNPO 法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典。

◯問い合わせ
ボランティア希望の方、何か疑問がある方はこちらのメールアドレスまでご連絡ください。
antipovertynet.saitama[アットマーク]gmail.com
スポンサーサイト

反貧困ネットワーク埼玉

反貧困ネットワーク埼玉は、埼玉県内で生活や労働、多重債務・消費者被害など様々な場面で相談を行っている支援者たちが作った個人加盟の任意団体です。代表は社会福祉士でNPO法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。