FC2ブログ

学生ボランティアを募集しています!

ボランティア
06 /25 2017
 反貧困ネットワーク埼玉では、現在学生ボランティアを募集しています。ここでは、経験豊富な弁護士やソーシャルワーカー、NPO職員はじめとする先輩ボランティアのもとで、貧困支援の現場、そしてソーシャルアクションの現場の
最先端を見ることができます。
 専門知識やボランティア経験は一切問いません!将来福祉職を考えている方はもちろん、貧困問題やその他生活問題に関心のある方など、私たちと一緒に貧困問題について考え、取り組んでみませんか。

◯主な活動内容
反貧困ネットワーク埼玉では、現在以下のような取り組みを行っています(一部抜粋)。
興味のあるところだけでも構いませんので、都合のつく日がありましたら下記のお問い合わせ先にご連絡ください。

定例会(月1回)
 月に一度の定例会では、参加者がそれぞれの現場で取り組んでいる活動の報告・共有をしたり、今後の取り組み内容について検討したりします。
現場の実践と、社会への発信・政策提言などとを結ぶこの定例会は、いわば「ソーシャルアクション」の貴重な現場でもあります。

夜回り活動(月1回)
 川口駅など、県内の主要駅付近にて夜回り活動をしています。いわゆる「ホームレス」状態にある方に、物資をお渡ししたり、生活状況の聞き取りを行ったりしています。また、その方の希望や状況に応じて、福祉制度支援へ繋いで、野宿状態から脱却するための支援もしています。

つながるカフェ(月1回)
 生活困窮状態にある方の中には、さまざまな事情から社会的な人との繋がりが失われてしまっている方が多くいらっしゃいます。月に一度開催している「つながるカフェ」は、生活保護を利用する人が孤立せずに安心して過ごすことができる場所です。支援活動をしている人にとっても、当事者の方と顔をあわせる貴重な機会です。

自治体への申し入れ(不定期)
 反貧困ネットワーク埼玉では、ソーシャルアクションの一環として普段の活動から見えてきた福祉制度の改善点などを自治体などに申し入れしています。最近では、「貧困ビジネス」対策をさいたま市や川口市などの自治体に求め実績をあげています。

イベントの企画・運営
 貧困問題に限らず、広く私たちの生活問題の啓発活動として、1、2ヶ月に一度、県内外の専門家を呼んで講演会を企画・運営しています。講演内容を議論する過程で、今どういった話題が社会にとって、自分たちの活動にとって必要なのか考えるきっかけにもなります。

◯反貧困ネットワーク埼玉とは
 反貧困ネットワーク埼玉は、埼玉県内で生活や労働、多重債務・消費者被害など様々な場面で相談を行っている支援者たちが作った個人加盟の任意団体です。代表は社会福祉士で『下流老人』(朝日新書)『貧困世代』(講談社)などの著作があるNPO 法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典。

◯問い合わせ
ボランティア希望の方、参加について何か疑問がある方はこちらのメールアドレスまでご連絡ください。
antipovertynet.saitama[アットマーク]gmail.com
スポンサーサイト

反貧困ネットワーク埼玉

反貧困ネットワーク埼玉は、埼玉県内で生活や労働、多重債務・消費者被害など様々な場面で相談を行っている支援者たちが作った個人加盟の任意団体です。代表は社会福祉士でNPO法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。